北海道ヤードむかわ町穂別&恵庭市東北ヤード青森県八戸市関東ヤード埼玉県熊谷市北陸ヤード新潟県柏崎市関西ヤード兵庫県加古川市

※当サイトはブラウザの言語に合わせて自動翻訳されます。

建設機械の輸出について

建設機械の輸出

建設機械の輸出に関しては、弊社がメインに手がけている業務です。簡単ではございますが、概要をご説明いたします。尚、只今全国よりディーラーを募集しておりますので、建設機械の輸出にご興味ございましたら、気兼ねなく弊社までご一報くださいませ。

With regard to export of construction machinery, it is business that we are involved in the main. There is easy, but I will explain the outline. In addition, since you are looking for a dealer from across the country now, If you have any interest in the export of construction machinery, please let me know to us without hesitation.



日本メーカー海外での評価

日本メーカーは高い技術力や、非常に高い耐久性から近隣のアジア諸国のみならず、世界各国で新品、中古ともに好まれています。故障も少なく建機部品の供給体制も完備されています。日本の排ガス規制不適合で国内では使われなくなった中古建設機械も海外では多く活躍しています。国によって特に人気のあるメーカーがあったり、好まれる製品の年式も多種多様です。

Not only neighboring Asian countries and high technology, from very high durability, Japanese manufacturers is liked both new, used around the world. Supply system of construction machinery parts are also outfitted with failure at least. Used construction equipment that are no longer used in the country in non-compliance with emission control Japan also has been active many abroad. Or there is a popular manufacturers in particular by country, year of the product of choice is also a wide variety.


世界でのシェア

米キャタピラーに次いで世界2位の売上高のコマツ、フォークリフト世界首位の豊田自動織機、クレーン世界2位のタダノ、ミニショベル世界首位のクボタと日本メーカーは高いシェアを誇っています。また、中国市場ではコマツが首位、日立建機は2位のシェアを誇っています。

Japanese manufacturers boasts a high share of Komatsu sales of 2 in the world, just a second place Toyota Industries Corporation, the world of crane forklift world leader, and Kubota mini excavator world leader Following the U.S. Caterpillar. In addition, Komatsu lead, Hitachi Construction Machinery boasts a share of second place in the Chinese market.


人気の車種

近年、ミニユンボ及びフォークリフト等の建設機械及び産業機器の引き合いが急増しております。

In recent years, inquiries of industrial equipment and construction machinery such as a forklift and Miniyunbo is increasing rapidly.


海上輸送

小型の建設機械は海上コンテナを利用すると海上運賃が安くなる場合が多いようです。コンテナに入れる際には、嵐などでコンテナーが激しく揺れることもあるので、しっかりとワイヤーで固定する必要があります。海上輸送の手配(船腹予約)は直接海運会社に予約する、シッピング・ブローカーに依頼するなどがあります。

If the freight is cheaper construction machinery small Utilizing the sea container seem to be many. Because sometimes when you put in a container, the container and shake vigorously at storm, must be fixed with wire firmly. There and ask to book directly to shipping companies, shipping broker to arrange for sea transport (reservation of space).


日本の主要輸出港

国際定期航路を持つ海運会社が寄稿する港(東京港、横浜港、大阪港、神戸港、福岡港など)を利用するのが一般的です。

It is common to use (the Port of Tokyo, Yokohama, Osaka Port, Port of Kobe, and Fukuoka Port) port that the shipping company with international regular service to contributing to.


海上輸送方法

小型建設機械などをまとめて輸出する場合はコンテナで積み込むケースが多いようです。 コンテナは20フィート、40フィートの2種類あります。高さ、幅が若干はみだす建設機械はフラットラック(コンテナの床の部分だけのようなラック)を用います。それ以外の建設機械は自走で船倉やデッキなどに積み込まれますが、デッキに積まれた場合海水をかぶるので要注意です。

Case embarking in container seem to be many if you want to export are collectively and small construction machinery. There are two types of 20 feet, 40 feet container. Height, uses the (rack just like part of the floor of the container) flat rack construction machine width is slightly protruding. Construction machinery and the rest are loaded on deck and hold such as self-propelled, but so caution wear a seawater if that were stacked on deck.


海上保険

海上輸送中の火災、爆発または輸送用具の衝突、転覆、沈没、座礁などの事故が対象の保険です。
L/C決済の場合は、L/Cに記載された条件での海上保険の手配が必要となります。

Fire accident at sea during transport, collision of transport equipment or explosion, capsizing, sinking and grounding is insurance of interest.
If L / C, settlement, you will need to arrange for marine insurance in the conditions described in the L / C.


通関

海外に海上輸送するためには、通関の手続きが必要となります。船積みの準備が整い中古建設機械を港に搬入しますが、搬入に当たって輸出先国の制度によって検疫の関係上、建設機械を洗車し泥を念入りに落す必要があります。

In order to marine transportation abroad, you will need to customs clearance procedures. And then carried into the harbor used construction machinery ready for shipment is ready, but on the relationship between the quarantine, must be reduced as closely mud and car wash construction equipment by the system of export destination countries when carrying.


洗車基準

米国、オーストラリア、ニュージーランドは洗車基準が厳しくなっています。また、コンテナーに入れる場合でも、洗車はしっかりとしておく必要があります。
Car wash criteria have become stricter the United States, Australia, New Zealand. Further, even when placed in a container, it is necessary to wash the solid.